LINE公式アカウント

LINE公式アカウントのリッチメニューとは?作り方と設定方法を徹底解説

ユーザーが知りたい情報を簡単に伝える方法はないの?

お得な情報をLINEに常に表示したい!

と思っていませんか?

この記事を読めば、ユーザー知りたい情報をワンクリックで表示することができ、お得な情報を常に表示出るようになります!

具体的な方法は、リッチメニューを有効に活用することです。

リッチメニューは常にトーク画面下に画像で表示できるので、目立ちやすく見られる確率も高いです。

リッチメニューからクーポンやお得な情報を届けることできるので、ユーザーにメリットが伝わります。

この記事で分かる事
  • リッチメニューの詳しい内容
  • リッチメニューの作り方
  • リッチメニューの設定方法

リッチメニューでユーザーの知りたい情報を伝え、利用しやすいアカウントにしていきましょう!

リッチメニューとは?

リッチメニューとは、LINE公式アカウントのトーク画面下部に表示されるカスタマイズ可能なメニューのことです。

メッセージよりも目立つ位置にあるため、ユーザーの注目を引きやすいです。

リッチメニューを利用すると、ユーザーにとって魅力的なコンテンツやサービスを簡単に提供できます。

リッチメニューの効果としては、以下のようなものがあります。

リッチメニューを導入した公式アカウントでは、クリック率が2倍になるというデータがあります。

リッチメニューは、売り上げや流入を増やすための有効な手段と言えます。

LINEキャンパスでクリック率について紹介されています。

リッチメニューの作り方

リッチメニューの作り方を解説します

リッチメニューの構成を考える

最初にどんなリッチメニューにしたいか構成を考えます。

  • ユーザーが欲しい情報は?
  • こういう情報があれば使いやすいのでは?

このようにユーザー目線に立ってメニューを考えていきましょう。

テンプレートを使用する

スマホのアプリでは、あらかじめ用意されたテンプレートから選択して、画像やテキストを編集するだけで作成することができます。

LINE Official Account Managerでは画像のテンプレートはありません。

無料で使えるデザイン作成ツール「Canva」では、リッチメニューで使える画像テンプレートがあるのでとても便利です。

オリジナルで作成する

画像やテキストを自由に配置して、オリジナルの画像を作成し、設定することができます。

画像の作成はCanvaがおすすめです。

Canvaにはリッチメニューの画像テンプレートがあるので、そのテンプレート参考にオリジナルの画像を作成も可能です。

リッチメニューの設定方法

リッチメニューは、LINE公式アカウントの管理画面(LINE Official Account Manager)とスマホのLINE公式アカウントアプリから設定することができます。

LINE Official Account Managerはアプリよりも詳細にリッチメニューを設定できます。

パソコンでLINE Official Account Managerにアクセスし、設定するのがおすすめです。

パソコンで設定する方法

LINE公式アカウントの管理画面にアクセスします

画面左のタブからリッチメニューをクリック

リッチメニューを作成をクリック

リッチメニューのタイトルを設定する。

リッチメニューを複数作成すると、どんなリッチメニューが分からなくなるので、わかりやすいタイトルに設定しましょう。

例えば、キャンペーン用や季節のおすすめなど。

表示期間を設定する

設定した期間のみリッチメニューを表示できます。

上段が開始で下段が終了です。

テンプレートを選択。メニューの大きさや分割を設定

リッチメニューの大きさ、画像の区画が選択する。

リッチメニューの画像を設定する。

画像の設定をクリック。

リッチメニュー全体を一枚の画像で設定するか、エリアごとに画像を設定する。

各エリアのアクション(クリックしたときの動作)を設定する。

  • リンク
  • クーポン
  • テキスト
  • ショップカード
  • 設定しない

メニューバーの設定

メニューバー(クリックするとリッチメニューが開いたり閉じたりする)の名前を設定する

メニューバーを「メニュー」と表示するか、任意のコメントに表示できます。

メニューのデフォルト表示

リッチメニューを常に表示するかしなかいを設定する

最後に保存をクリックして設定は終了です。

スマホのアプリで設定する方法

LINE公式アカウントアプリを開くきリッチメニューをタップする。

「テンプレートを選択」をタップしリッチメニューを表示する大きさを決める。

オリジナルの画像を使用したい場合は、「画像をアップロード」をタップする。

あらかじめ用意された画像を使いたい場合は、「デフォルト画像を選択」をタップする。

デフォルトに画像は3つ用意されています。

各エリアのアクション(クリックしたときの動作)を設定する。

各エリアの「選択」をタップするとアクションを設定できます。

設定できるアクションは以下の通りです。

設定できるアクション
  • リンク
  • クーポン
  • テキスト
  • ショップカード
  • 設定しない

表示期間を設定する。

設定した開始日時と終了日時のみリッチメニューを表示できます。

メニューバー(クリックするとリッチメニューが開いたり閉じたりする)の名前を設定する

「メニュー」を選択するとメニューバーのテキストは「メニュー」になります。

メニューバーを任意のテキストにしたい場合は「その他のテキスト」を選択しテキストを入力したください。

リッチメニューの活用方法

リッチメニューを活用することでアカウントを使いやすくでき、ユーザーにメリットを感じてもらえます。

リッチメニューを活用するポイントは以下の通りです。

リッチメニューで使用する画像、テキストはシンプルかつ目立つデザインで作成しましょう。

ユーザーのニーズに合わせたリッチメニューにするとアカウントのメリットを感じてもらえます。

アカウントがアパレルの例だと、リッチメニューにアイテムのカタログを設置したり、店舗があれば地図を置くなど。

ユーザーの欲しい情報がすぐ手に入るようにリッチメニューを設定します。

キャンペーンや季節に合わせた内容、最新の情報に設定するなど定期的に内容を変更しましょう。

ユーザーに興味を持ってもらえるよう工夫しましょう。

まとめ:リッチメニューでユーザーが利用しやすいアカウントにしよう

リッチメニューはユーザー知りたい情報をワンクリックで表示することができます。

リッチメニューはアカウントを使いやすくし、ユーザーにメリットを届けることができます。

今回紹介した内容
  • リッチメニューの詳しい内容
  • リッチメニューの作り方
  • リッチメニューの設定方法

今回紹介した内容を参考にリッチメニューを作成し、集客や売り上げアップにつなげていきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA