トミカ

トミカはどうやって作ってるの?オリジナルトミカの作り方情報も

「トミカはどこの国で作っているのかな?」

「日本かな?それとも海外かな?」

「どうやって作っているのかな?」

好きなトミカを手に取り、眺めているとふと、こう思ったことはありませんか?

そこで今回は、

「トミカはどうやって作ってるの?オリジナルトミカの作り方情報も」

について解説していきます!

この記事を読めば、

  • トミカ生産拠点がわかる
  • トミカの作り方がわかる
  • オリジナルデザインのトミカを作る方法がわかる

トミカの知識を増やして、

思いっきりトミカを楽しみましょう!

この記事を書いた人
ざい

名前は「ざい」と申します!

・トミカが好きな2児の父

・好きなトミカはシビックタイプR

トミカの生産拠点

ベトナム

現在トミカはベトナムにある工場で作られています。

トミカは、はるばるベトナムから海を渡って、

僕たちの元へ届けられているんですね。

「ありがとうベトナムの皆さん!!」

ここでひとつ疑問が…

ざい

「なんでベトナムで作ってるの?」

それは、日本に比べて人件費が安いからです。

日本で作ってしまうと人件費が高いので、

今の安い値段で売ることが、できなくなるのです。

なので、トミカは現在ベトナムで作られています。

昔は日本でも作られていた!?

トミカクラウン

トミカ誕生当初は日本の東京で作られていました。

製作コストを削減するために、生産拠点が変わって行きました。

トミカの生産拠点の推移

1970年~
日本(東京)

1992年~
中国

2008年~現在
ベトナム

ざい

「トミカは海外を渡り歩いているんだね。」

当初トミカは東京・葛飾区の工場で生産していたが、92年に中国広東省の協力工場への生産委託に切り替えた。その後、中国での人件費上昇を受け、08年にベトナムの協力工場へシフト。今では主力120種などおよそ9割を、同国で生産している。

引用元 東洋経済ONLIN

トミカの生産工程

トミカを作る工程は4つあります。

  1. デザイン
  2. 成型
  3. 塗装
  4. 組立
ざい

「実際の自動車と、ほぼ同じ工程で作られているんだね!」

デザイン

デザインは日本で行っています。

デザイナーさんがパソコンで、CADと言われる設計ソフトを使い、

トミカを設計しています。

ざい

なるほど!デザインは日本なんだね!

成型

成型とは、金型と呼ばれる型を用いて、材料をパーツの形にすることです。

主なパーツはコチラです。

  • ボディ
  • シャーシ
  • 内装
  • タイヤ

自動車部品の成型にも使われる2つの手法で、

各パーツを成型します。

2つの成型法
  • ダイカスト
  • 射出成型

ダイカストでボディやシャーシの金属パーツ、

射出成型で内装やタイヤなどのプラスチックパーツを成型します。

射出成形とは、プラスチックを加熱溶融し、射出圧力を加えて金型に押し込み、製品を成形することです。
スクリューでプラスチックを金型に押し込み、金型内でプラスチックを冷却して取り出されます。

ダイカストはプラスチック射出成形と同様に、金型に溶融したアルミ合金等を高温で圧入して成形します。
鋳物は砂の型で成形しますが、ダイカストは金型で成形することから「金型鋳造」とも言われます。

引用元 ものずくりウェブMONOWEB

塗装

自動車の塗装でも使われている、

静電気を使った、静電塗装という技術を使って塗装されています。

その他にはタンポ印刷というものがあります。

タンポ印刷は簡単に言うとスタンプです。

メーカーのロゴなどをスタンプと同じ原理で印刷します。

シビックタイプR

組立

ひとつひとつ丁寧に人の手で、組立られています。

基本的には以下の手順で組立てます。

  • シャーシに、ボディと内装を組立
  • 組立てたものを、リベットでかしめて固定

リベットは簡単に言うと、ねじの無いボルトです。

組立てたものにリベットを挿入し、機械でつぶし固定します。

このことを「かしめる」と言います。

トミカの作り方を動画で知りたい方は、こちらを確認してください。

オリジナルトミカが作れる

オリジナルトミカは「トミカ組み立て工場」で作ることができます。

トミカ組み立て工場

引用元:タカラトミー

トミカ組み立て工場でできることは次の通りです。

  1. ボディやシートなど好きなパーツを選びます。
  2. そのパーツを目の前で組み立ててくれます。

トミカ組み立て工場がある場所はコチラです。

選べるパーツは、トミカショップでは月ごとに違います。

トミカ博はイベントを行う年、会場ごとに違います。

トミカを1回660円で組み立ててくれます。

トミカショップ 東京

2022年5月の選べるパーツ

マツダ RX-7(青、赤、白)

引用元:タカラトミー

2022年6月の選べるパーツ

ダイハツ ウェイク(赤、黄)

引用元:タカラトミー

トミカショップ 大阪

2022年5月の選べるパーツ

日産 NV350 キャラバン(赤・黄)

引用元:タカラトミー

2022年6月の選べるパーツ

トヨタ FJクルーザー(オレンジ、イエロ)

引用元:タカラトミー

トミカ博

トミカ博2022年の開催予定は、2022年5月時点未定です。

まとめ:みんなのおかげでトミカは作られている

今回解説した内容はコチラです。

  • トミカ生産拠点はベトナム
  • トミカの作り方は4工程
    (デザイン・成型・塗装・組立)
  • オリジナルデザインのトミカを作れる場所
    トミカショップ 東京と大阪
    トミカ博

トミカは時代によって生産拠点、生産方法を変えながら、

低コスト・ハイクオリティのミニカーを私たちに届けてくれています。

沢山の工程を経て、海外を渡ってきたトミカを自分の手に取って眺めれるのは、

まさに奇跡ですね!!

本当に感謝しかありませんよね。

これからもトミカを好きで、沢山集めて行きましょう!!

以上で終わりです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

おすすめ記事はコチラ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA